日経225先物 寄り付きについて

日経225 寄り付き画像

日経225先物の投資をする時に、当日の寄り付き価格がどうなるのか?という事に、注目する事でしょう。もしも、デイトレーダーの方なら尚更のことなのかも知れません。

つまり、東京セッション時間帯・午前08時45分「始値」においては、誰もが注目していますし、外国人投資家であっても個人投資家であっても、気になる数値であることには間違いありません。

その証拠として、東京セッションの中で、出来高量がとても集中する時間帯でもあります。それは、5分足から見た出来高量と、チャートの値動きを見れば一目瞭然であります。

そこで、投資の戦略として重要になってくるのが、「寄り付き」の時間帯において、新規建玉を入れた方が良いのか?それとも、見送るべきなのか?というところに注目しております。

もしも、午前08時45分「始値」にてエントリーして、利益を向上し続けることができるのであれば、これから先も新規建玉のエントリーを継続する事でしょう。

しかし、「始値」のエントリーによって、さほどの利益も発生しないどころか、むしろ損失になってしまうようであれば、見送るべきなのであります。

そして、日経225先物の投資方法として、長期的にトレードする事を考えているのであれば、「寄り付き」のエントリーサインは、毎回、見送った方が賢明なのかも知れません。

寄り付きにおける心理的な状況を理解する

恐らく、東京セッションの時間帯にかけて、日経先物のトレードを考えた場合、当日の寄り付き前にデータを検証したり、価格の値動きがどのような状態であったのか?リサーチするはずです。

そこから、価格がどのように変動するのか?という事を推測するわけです。つまり、しっかりとデータの準備を整えている状態なので、やる気に満ちていますし、心理的にも向上心が倍増している状態なのであります。

特に、根拠などはありませんが、自信に満ちている時間帯なのであります。そう考えると、何故だか「損失」よりも、「利益」になる事ばかりに集中してしまい、リスク管理の面でも、とても甘く、判断があいまいになってしまうのであります。

その領域に、1度でも入ってしまうとなかなか抜け出せません。何故なら、トレードの判断を決定するのは自分自身なのです。なので、他人に操作されるわけではないので、冷静な状況に戻す人がいないという事です。

もしも、客観的に自分自身を分析できるようであれば、「冷静」という心理的な要素が過剰に働いて、寄り付きエントリーする行為をストップできるかもしれません。

しかし、大抵の個人投資家は、マネーゲームやギャンブルの対象としてしまい、結果的に寄り付きエントリーしたポジションは、「損切り」に迫られてしまうのが、ほとんどのケースなのであります。

参考になるテクニカル指標がない

そもそも、寄り付きこそ参考になるテクニカル指標がありません。おそらく、始値から勢いよく、価格が上昇したり、下落したりするのは、「寄り付き」から参加した投資家の攻防が繰り広げられているだけなのでしょう。

・寄り付き「買い」エントリーしたのにもかかわらず下落してしまったら「売り」決済する
・寄り付き「売り」エントリーしたのにもかかわらず上昇してしまったら「買い」決済する

そこから、さらに新規参入した投資家が、価格を伸ばすことにより、一方向へ進んでいくのであります。たしかにスリッページが無いために、圧倒的な有利になるように思いますが、それは、先読みしすぎなのかも知れません。

つまり、始値~午前中の前半にかけて、出来高が集中しているという事は、何も指標もなくマーケットに参加している投資家が多いという事なのでしょう。そして、するどい勘や感覚だけを頼りにして売買しているのです。それでは、丁半博打のギャンブルトレードになってしまいます。

ここは、自分自身の欲求を満たす事を考えることなく、「冷静」になって見送った方が、そのあとのトレードも、どれだけスムーズに実行することができるのか?よく考えてみるとよいでしょう。

寄り付きエントリーを避ける事もトレード手法の1つである

投資というのは、どれだけ儲けたいのか?という欲求と、どれだけ冷静になれるのか?という自制心の攻防でもあります。

特に、ここは儲けのチャンスであるとか、自分自身の都合の良い方へ考えてしまったときは、注意が必要です。その時に、一旦ストップをかけてみてください。

まさに、寄り付きのタイミングこそが、そのような出来事が起こり得る場面なのであります。そこで、我慢に耐えてノーエントリーで迎えたとしても、収益を向上させられるわけではありません。

しかし、損失を回避したことになりますから、自分の資産を減らさずに済んだわけです。プラス思考に考えれば、その場面に遭遇しただけでも、儲けモノなのかも知れません。

よろしければ、他の「寄り付き」、「始値」の記事もご覧ください。↓↓

寄り付きとは、最初に寄り付いた価格になります。ただ寄付きは定刻通りに決まるとは限りません。そして寄付きの時間帯は、機関投資家によって仕掛けてくるタイミングなので、注意が必要です。
日経225先物は時間軸を考慮して取引しなければなりません。エントリー、利食い、損切り、エグジットなど。すべて時間帯を考慮しなければ損失に繋がります。 例えば、寄付き時間帯の午前8時45分は指標と.........
日経225先物に関しては基本的に、寄付きエントリーは避けた方が良いでしょう。それは何故かというと、たまに寄付きから全く下がらず(上がらず)に引けにかけて天井になった。 というようなケースがありま.........
日経225先物チャートを見て売買しやすいところでは、あえてエントリーは避けています。 ・前日の高値を抜けたところで 買いレンジブレイク ・前日の安値を抜けたところで 売りレンジブレイク .........
指数先物において、東京セッションの寄付き「始値」はいくらになるのか?どのように変動していくのか?というのは気になります。 その価格は、個人投資家だけではなく、すべての投資家が注目している.........