日経225先物投資 5分足チャート分析 02月20日(月)

さて、本日アメリカ市場は休場になります。このまま、何も起こらなければ停滞する状態、もしくは、ゆっくりと価格を押し上げる可能性はありますね。

外国人投資家が不在の状況であるのならば、個人投資家のみで価格を変動させることになります。そうなれば、「買い」一辺倒の状況になり、下がる状況にはならないということであります。

現在の価格は、直近の変動だけを観察すれば、19000~19500円辺りで推移しております。どちらかと言えば「押し目買い」ゾーンではありますが、このまま先物主導で、停滞していくのでしょうか?

それでは、日経225先物の価格以外である【3つの指標】はどうでしょうか?只今のダウ平均CFDは、最高値圏辺りで推移しております。原油価格WTIは高値圏です。為替ドル/円は、やや円安方向に進んでおります。

現在の建玉状況: ポジションあり

さて、ここから価格はどうなっていくのでしょうか?それでは、本日の相場状況などを含めて動画をご覧ください!