直近4か月間の平均収益率が112%を超えるような状態になってきた井上さんの場合

大阪府在住・投資歴1年4か月 井上さんの場合

日経225先物投資を始めた頃の、最初の3か月間は調子が良かったそうです。つまり、強気にトレードすること、シンプルにエントリーして利益を追求することが出来ていたのでしょう。

とくに独自の手法がなくても、トレンド判定さえ出来ていれば利益を追求できる時期だったのかもしれません。当時のことを、本人もビギナーズラックだったのかも知れないとおっしゃっていました。

そして、4か月目に入ってから、なかなか思うような収益にならなかったことをきっかけに、私UTAのブログを閲覧して、The Nikkei225 Roungeの会員になりました。

とにかく、自分自身のトレード方法の改善をしながら、的確なトレンド判定と売買エントリーを明確に判断して売買することにより、まだまだバラつきはあるそうですが、毎月の平均収益率は、直近4ヶ月ベースにて112%を超えてきたそうです。

トレンドの判定ができるようになったのが進歩かも知れません

日経225先物投資においては、早期にトレンドを判定する事が必要であります。例えば、上昇トレンドの時期であるのにもかかわらず、ずっと逆張り的な発想で「売り」エントリーしてしまったり、下落トレンドなのにもかかわらず、「買い」に的を絞ってしまったりと。

結果的に、過去を振り返れば、その時のトレンドがどのような状態であったのかを理解できますが、現在進行形で売買していると、どうしても気が付かないのは当然であります。

しかし、個人投資家をして活動しているのであれば、つねにチャートの右端に立ってエントリーしなければならないので、それなりの明確な「推測力」を身につけなければならないのであります。

井上さんの場合は、早期に推測力を身につけることに成功されたのでしょう。これからの活躍にご期待いたします。

井上さんとのメールのやりとり