分足チャートの大陽線は「買い」、大陰線は「売り」とは限らない

nikkei225img-93

指数先物の投資においては、常に価格が変動しています。時には、上昇トレンドになったり、下落トレンドが継続したりします。そして、一旦停止するような閑散相場になったりもするわけであります。

基本的には、「順張り」で対応するっことによって、利益を追求することができるような市場なのですが、時々、だましになる可能性もあります。

つまり、外国人投資家による仕掛けがあるときは、非常に先読みしずらい相場観が継続されるのです。

これは、投資に参加する以上は仕方がありません。というのも、彼らは、個人投資家の資産を、いかにして奪えるのかを考えているのです。

そのため、相場の罠を設計することに余念がありません。それは、見事としか言いようがないほど、巧妙な手段を使ってくることでしょう。

そして、デイトレード思考になってしまうと、その罠に陥りやすいのです。なぜなら、目先の背景だけにとらわれてしまい、全体的な背景が見えなくなってしまうからです。

そうなってしまうと、短期的に利益を追求しようとするあまりに、無理なトレードになってしまうのであります。

普段なら、エントリーする必要がない場面であったとしても、急いでエントリーしてしまい、上手くいかなかったりするものです。

分足チャートの大陽線に注意する

より詳細に相場を分析するときには、分足チャートに切り替えたりします。そして、チャートの単位を絞れば絞るほど、細かいトレードが要求されることになります。

そこで注意しなければならないのが、分足チャートの大陽線です。これは、一見すると順張りして「買い」サインのように見えますが、短期的には下落する可能性が高いのです。

なぜなら、相場の逆転発想をついて、外国人投資家が仕掛けるからであります。上昇すると思いきや、一旦停止して下落してしまうとか。

分足チャートの大陰線に注意する

こちらも、同じことが言えるでしょう。チャートを絞り込んで、価格を詳細に分析するときに、分足チャートに切り替えます。

そして、大陰線に遭遇する場面と向き合わなければならない状況があるのです。一見すると下落するように見せかけて、実は押し目買いのチャンスだったりもするのです。

短期的には、下落に見せても、長期的には、単なる価格の調整だったなんて事は、結構あります。

でも、分足だけを観察していると、価格に振り回されてしまい、冷静でいられなくなってしまう時があるのです。

迷いが生じているのならポジションを持たない

もしも、迷っているのであれば無理してエントリーする必要はないということであります。それが出来ないということであれば、あなたは相当のトレード中毒者かも知れません。

気づいた時には、全財産を相場の世界へ根こそぎ持っていかれて、撤退させられる可能性だってあります。もしも、損失を出してしまったあとならば、何が原因だったのかを追究する必要があるのです。

それには、相当の時間をかけなければなりません。なので、すぐにエントリーするなんて、もってのほかなのであります。

自由にトレードすることは個人投資家にとって特権であります。しかし、その自由性をしっかりと理解せずに、取り扱いを間違えてしまったら、大変な事態に陥るかもしれません。