新規建玉を建てるときには「買い」と「売り」のどちらかを絞る事が大切である

nikkei225img-88

株式投資の場合は、信用取引から入らない限りは、空売りする事ができないのであります。つまり、ほとんどの場合は、買い一辺倒で投資することになります。

一方で、指数先物を取引する場合は、「買い」と「売り」のどちらからでも選択する事ができて、新規建玉を建てることができます。

タイミングさえ間違わなければ、ある程度の場面で利益を向上させることができるという事なのであります。

しかし、ほとんどの個人投資家たちは、損失を出してしまっているのが現状なのです。それだけには留まらず、ついには追証なんて事にもなってしまう方もいらっしゃるのでしょう。

そもそも、投資を始めたキッカケは、資金を増やすために指数先物に参加したわけです。にもかかわらず、損失になってしまうのはどうしてでしょうか?

おそらく、エントリーするときに、上手にチャートの波に乗れずに「逆張り」しているせいなのかもしれません。

どういう事かと言いますと、

・トレンド状況が上昇トレンドなのにもかかわらず「売り」で対応している
・トレンド状況が下落トレンドなのにもかかわらず「買い」で対応している

つまり、全体的な相場の見極めができていないために、仕掛ける対応を間違えているという事なのであります。もしも、このような状況に陥ってしまうと、気づくのには相当の時間がかかってしまい、その間でトレードしたとしたら、ほとんどが損失になってしまう可能性があります。

デイトレードスキルは相当難しい

もしも、あなたがデイトレーダーを目指すのであれば、相場の雰囲気や状況を、瞬時に捉えてエントリーしなければなりません。

その時々によって、「買い」と「売り」を切り替えて、繰り返しエントリーしなければならないのです。時には、途転「ドテン」を必要とするかも知れません。

なので、頭の中で想像している以上に、フル回転させてマーケットに参加しなければならないのでしょう。

短期的にエントリーして、手仕舞いも素早く、利益をコツコツと積み重ねていく。一見するとリスクを抑えながら、収益を向上させることができるように思いますが、デイトレードスキルを身につけるためには、相当のセンスが必要とされるのであります。

まずは、自分自身がデイトレーダーに向いているのか?という事を自己分析してみてください。もしも、無理な状況が予想できるようであれば、トレード方法を改めなければなりません。

どちらかの方向だけエントリーする

たとえ上昇トレンドであったとしても、価格というのは上下にブレながら進んでいくのであります。つまり、エリオット波動のような形を作り出していくのです。

下落トレンドの場合も同じことが言えるでしょう。ただ直滑降で下落するのではなく、価格を戻しながら、再度下落していくのです。

なので、一見すると「買い」と「売り」の両方でチャンスがあるように思いますが、そうではありません。もしも、すべての場面においてトレードしてしまうと、路頭に迷ってしまうという事です。

ここは、どちらかの方向だけに絞り込んで、エントリーする事をおすすめします。その方が冷静に状況を判断することができて、忙しい状況に巻き込まれずに済むでしょう。

待っていれば自分が得意とするチャンスが来るはずです。それまで、じっくりと待てるようになれば、自然に利益が向上していくのです。指数先物市場というのは、そういうところなのであります。