日経225先物において迷いが生じたら【日足チャート】を観察してみる

nikkei225img-87

指数先物においてトレードしていると、どうしても難しい局面に遭遇する場面があります。はたして、ここは「買い」なのか、それとも「売り」なのか考えてしまうという事です。

とくに1分、5分、15分などの分足チャートばかりに気を取られてしまうと、客観的な判断ができなくなってしまう時があります。そういうときは、いったん日足チャートを振り返ってみることをお勧めします。

あまりにも細かい値動きを捉えようと必死になってしまい、全体的な状況を判断できなくなっているかも知れないからであります。

まさに、「急がば回れ」というフレーズがピッタリなのであります。とてもついていけそうになければ、無理をして先読みする必要はないのでしょう。

明確な答えがないので迷ってしまうのは仕方がない

価格が、自分の考えているエントリーポイントに到達したとします。理想の価格であったので新規建玉を建てました。しかし価格は、自分が考えている方向とは逆に進んでしまいました。

いったいなぜ何だろうか?と考えるようになり、トレードする気持ちにも迷いが生じてしまいます。問題が解決できないまま、モヤモヤ感なるモノだけが心残りになるのでしょう。

しかし、トレードする以上は仕方の無いことなのかも知れません。指数先物のマーケットというのは、原因を追究したとしても、明確な理由など分からないのが当然なのかもしれません。

何故ならば、つねに「確実な行動」に基づいて、進んでいるわけではないからであります。なので、根本的な原因というのが、そもそも見つからないという事なのでしょう。

例えば、良い情報があれば、価格は反応して上昇する。悪い情報があれば、価格は下落していきます。何もなければ、出来高も少ない為に停滞相場が続く可能性があります。

指数先物においては常識が通用しなくなる

投資の世界は、常識的な行動や、社会的コミュニケーションスキルを持っている方など。つねに劣勢に立たされるのかも知れません。

今までに通用していた成功のレールや戦略などが、一切通用しなくなるからです。つまり、鉄板の正攻法などないために、どうのように方法を極めていったらよいのか分からなくなるのです。結果的に、自分に自信が持てなくなってしまうかも知れません。

一見すると、トレードチャンスが来たときに「買い」なのか「売り」なのか、判断すれば良いだけなのですが、どうしても難しく捉えてしまうのでしょう。

ある程度のチャートのバックテストや検証することは必要であります。それでも最終的には、どんなに時間を費やしたとしても、収益を向上させる事ができれば、それは正しいトレード方法であるという事なのです。

マーケットはいつでもやっている

指数先物へ投資する時には、ある程度は気持ちに余裕を持たせなければなりません。もしも、焦ってトレードばかりしているのであれば、いったん小休止してから冷静に考えてみてください。

マーケットは、明日も明後日もオープンしています。その日の利益が得られなかったとしても、長期的に考えて収益をプラスに向上させていけば良いわけであります。

たとえ成功させるために、何か月も経過したとしても、1年間を通して利益率が向上していれば、問題はないという事なのであります。