何度も同じ【トレードを繰り返す】ことによってスキルが身につけられる

nikkei225img-86

もしも、この先もずっと、日経225先物においてトレードするのであれば、何度も繰り返すことができるような、同じトレード方法を身につけなければならないでしょう。

というのも、相場というのは繰り返していくモノなのです。どういう事かと言いますと、同じチャートになる場面があるということです。それは、価格自体は違っていたとしても、似たようなチャートを形成する時があるのです。

つまり相場の歴史は繰り返されるという事です。上昇トレンドになったのであれば、それなりの理由があります。下落トレンドになる時も、理由があるのです。

そして、トレードを主体的に変動させているのは、外国人投資家や大口のヘッジファンドたちなのであります。

彼らのトレードスタイルというのは、一貫して変わらないのであります。日々の検証と研究には余念がなかったとしても、基本的にスタイルを大きく変更する事はないのでしょう。

基本姿勢を忠実に守ることが大切である

もしも、1年間のなかで数回程度しかトレードしないのであれば、その場の状況を見てトレードスタイルを変更しても良いかもしれません。

しかし、毎回トレードに参加するようであれば、規律あるトレード方法を身につけなければならないでしょう。

何度も変更してしまうと軌道修正するのに、かなりの時間が必要になってしまうからです。デイトレードというのは、そのような難しい微調整が必要なので、難易度が高いという事なのでしょう。

まずは、自分が得意とする場面がどのような状況なのかを考えてみてください。そして、その場面が来た時だけ、忠実にエントリーするとよいでしょう。

不安になるのは準備不足である

もしも、エントリーしたあとに迷いが生じてしまったり、不安になってしまった場合は、メンタル的な部分などが原因であります。つまり心の準備不足ということです。

自分のトレードスタイルに自信が持てなくなってしまうと、簡単に、相場の雰囲気に呑まれてしまいます。最終的には、どうしてよいのか?分からなくなってしまうのです。

それは仕方の無いことなのかも知れません。なぜなら、未来の価格を予想することは不可能であるからです。われわれは、つねに不確実性のある方向へ進まなければならないのです。

それが相場という市場なのであります。それが、できないのであれば、早急に撤退してしまう事にもなり兼ねません。

とにかく、メンタル的な部分に関しては、すべてを「受け入れる」という姿勢が大切になっていきます。そこから取り組んでみてはいかがでしょうか?

休むことは怖くないこと

ずっと相場に張り付いていると、そのことばかりが気になって仕方がない時があります。それだけではモノ足らず、エントリーしていなければ気が済まなくなるまで発展する時があるのです。

実際に、トレードすると感情に揺さぶられます。その度合いが、どれだけ影響されているかによりますが、毎回襲ってくる場合は、中毒症状を引き起こしているかも知れません。

トレードというのは、捉え方次第では、ギャンブル性を誘発する場面もあります。なので、お金をつぎ込んでくれる人を、極端に惹きつけることがあるのです。

そんな時は、少しお休みしてはいかがでしょうか?指数先物は誰かと競争している訳ではありません。たとえ、今日くらい休んだとしても、今週くらい休んだとしても、マーケットはいつでもオープンしているのですから。

そんなに、焦る必要はないでしょう。なぜなら、年間を通じて収益を向上させる為に、数日間~数十日お休みしても、なんら問題はないのですから。