日経225先物において日中トレードするのであれば「前日の高値・安値」を確認しておく必要がある

nikkei225img-71

当日になって、東京セッションで指数先物の取引をする場合は、前回の価格の値幅がどうなっていったのか?という事を確認しておかなければならないでしょう。

・前日の東京セッション時間帯 高値・安値の位置
・前日の夜間セッション時間帯 高値・安値の位置

これらは、頭の中に入れておかなければなりません。というのも、上記の位置に近づいてきた場合は、何らかの値動きが発生する可能性が高いからであります。

機関投資家というのは、ある一定のラインを基準にして取引をしているのでしょう。そして、時々は、高値・安値の位置を基準にして、仕掛けをおこなうケースがあるという事です。

価格が伸びていく可能性がある

それは、チャートを見れば分かります。例えば、価格がレンジ内に収まっていた場合に、前日の高値を超えてきたら、一気に上昇するとか。

逆のパターンもあります。前日の安値を下回った時に、急速に下落していくとか。とにかく何らかのアクションが起こるのであります。

なぜかと言いますと、仕掛けやすい場面というのは、同じ方向性に向かう可能性が高くなるのです。

・前日の高値辺りでは、「売り方」のロスカットと新規「買い方」の参入が統合する
・前日の安値辺りでは、「買い方」のロスカットと新規「売り方」の参入が統合する

なので、価格がどんどん進んでいくこともあります。ただし、毎回そのようなことが起こるわけではありません。相場において、確実な出来事というのは存在しません。

東京セッションで取引を考えているなら準備を万全にしておく

日中に取引を考えている場合は、万全な準備をすることが大切であります。それは、25日移動平均線の位置が何処にあるのか?とか、ボリンジャーバンドの位置を確認するとかの事ではありません。

テクニカル分析というのは、誰が見ても同じ数字を確認する事ができます。時間が空いている時に、チラッと確認すれば良いだけのことなのです。

問題なのは、自分自身がエントリーする位置を決めているかどうかであります。もしも、日中チャートの様子を見てから、エントリーポイントの位置を考えているとしたら、対応に遅れてしまう可能性があります。

つまり、相場の波が作り上げた途端に対処してしまうと、思いもよらない位置で、相場に参加する場合があるという事です。

そうなってしまったら、難局を示すトレードに巻き込まれてしまう可能性だってあるのです。マーケットというのは、われわれ個人投資家たちに、とても影響を与える市場なのです。

ときには、心理的な影響を及ぼすほどに、あらゆる手段を使って侵入してくるのでしょう。例えば、損切りして後悔する念が残ってしまったり、トレードに自信が持てなくなったりと。

自分自身を生かしたトレード方法を身につける

トレード手法というのは、たくさんの方法が考えられます。人それぞれによって、チャートの見方も違いますし、時間軸だって違うのです。

なので、

デイトレードが得意である方が、スイングトレードを身につけるのは容易ではありません。
スイングトレードが得意である方が、デイトレードを身につけるのは容易ではありません。

まず自分自身が、どのマーケットに参加して、どのようなスタイルをもって貫いて行けばよいか?を考えておきましょう。

継続していると、自分が得意な場面などが理解できるようになるのです。真剣に市場に向き合っていれば、マーケットと共存できるようになるモノなのです。