寄付き注意!取引する時に注意する1日の時間軸について考える

日経225先物は時間軸を考慮して取引しなければなりません。エントリー、利食い、損切り、エグジットなど。すべて時間帯を考慮しなければ損失に繋がります。

例えば、寄付き時間帯の午前8時45分は指標となるものがほとんどありません。ましてや出来高の多い時間帯でもある為に、とても激しく上下する事もあります。

実は予測が極めて困難な時間帯です。つまり難易度が高い局面であるという事です。しかし個人投資家は我慢が出来ないのです。なので1番エントリーしたい時間帯でもあります。

もしもポジションが利益になっているのであれば良いのです。しかし、そんな困難な時間帯にエントリーして、自分が考えていた方向とは逆に動いてしまったら、決済方法にとても困ります。

寄り付きエントリーはしない

損切りラインにきているにも関わらず、「まだ、はじまったばかりだから元に値を戻すだろう。」と都合の良い解釈をしてしまいがちです。非常に誘惑の多い時間帯なので、寄付きエントリーはお勧めしません。

そして、1日の相場を観測すると始値から終値にかけてV字回復するケースが多いです。それを踏まえた投資方法があります。

・08時45分 寄付き開始は方向性を見極める為に見送ります。

・09時30分 どのような方向性にするのかという外国人投資家による土台作りが始まります。

ほとんど動かなければ方向性が出るまでじっくり待って、どちらか一方に強く動いた場合は、素直に順張りで相場の波に乗ります。利食いライン7、損切りライン3をつくる。損小利大な設定にしておくと良いでしょう。

・10時00分 高値安値の方向性を模索します。

・変化せずに停滞→方向性が不明確→見送り
・強い動きに変化→一方行の可能性→順張り
・弱い動きに変化→逆方向の可能性→逆張り

・10時30分 上海市場開始。どちらか強い方向に順張りします。

・11時30分 株式市場は前場終了します。ここからギャップダウン、ギャップアップ
の可能性があります。(10時00分~11時30分の時間帯に60%くらいの確率で、今日の高値、安値が決まる事が多い)。

・12時30分 株式市場は後場開始します。どちらか方向性を決定する確率が40%になります。その後の方向性に順張りします。

・15時15分 大引けで日中の取引が終了します。

時間軸でエントリーポイントを見つける

こんな感じで、時間軸と値幅を考慮して相場に取り組んでみてはいかがでしょうか?繰り返し習慣化していくと利益は自ずと積み重なっていくと思います。

相場の世界で研究や検証の成果を出すには、かなり精神的な労力と時間が強いられます。私は日経225関連の書籍、海外書籍を合わせてたくさんの書籍を読みました。1日10時間、365日間かけて研究と検証を繰り返した時期もあります。

しかし、勉強したからと言ってテクニックが上手になる訳ではありません。簡単にまとめると投資には、3つの事を守らなければなりません。

・投資に対する心理的な行動を究極に固める事
・テクニカル分析で財務管理を徹底する事
・独自のオリジナルメゾットを完全に確立する事

この3つのどれかが欠けても、相場は困難を究めるでしょう。

まずメンタルという土台の基礎があって収益を積み重ねていく為の資金管理があり、その頂点に独自の投資メゾット確立です。どんな相場でも、安定した投資メゾットが確立できれば収益を上げる事ができるようになります。