売買タイミングが難しい・慣れるようになるまで【ニューヨークセッション】に参加すべきではない理由

nikkei225img-49

指数先物のマーケットというのは、各セッションに分けられています。やはりメインとなるのは、東京セッションなのであります。次にニューヨークセッションになります。

ロンドンセッションの時間帯は、比較的緩やかなチャートを作り出すケースが多いです。というのも出来高量が少ない為に、流動性があまりないことが理由なのでしょう。

だからといって、ずっと平坦なチャートになっているわけではありません。欧州のユーロ/円が変動したり、ヨーロッパ圏内で政治的・経済的情勢などがあった場合は、それに釣られて、先物価格も変動していくでしょう。

そして、マーケットのメインとなる時間帯は、ニューヨークセッションであるといっても過言ではありません。※日本時間22時30分~05時00・冬場23時30分~06時00であります。

最近では、指数先物取引の営業時間が翌朝05時30分まで延長するようになって、ニューヨークセッションを、ほとんどカバーできるようになりました。

だからといって、安易にエントリーすることは禁物であります。というのも、いろいろな指標によって大きく変動していく可能性があるからです。

ニューヨークセッションは上昇一辺倒ではない

たとえば、東京セッションで価格が下落した場合は、ロンドンセッション・ニューヨークセッションで上昇していくのではないか?と、期待をしてしまいます。

そして、東京セッションで価格が上昇した場合でも、更にロンドンセッション・ニューヨークセッションで上昇して行くのでは?と期待をしてしまうモノです。

それは、東京セッションでの「買い」建玉を、各セッションまで、ホールドする個人投資家が多いという事なのでしょう。

なので、期待値が米国時間に向かうにつれて、非常に高くなるのです。しかし、よく考えてみれば分かるのですが、米国であっても悪い情報があれば、下落していくのは当然です。

なぜか、NY市場が始まると、余計な期待をしてしまうモノなのでしょう。逆に期待が裏切られた時は、損切りできなくなってしまうような状態まで追い込まれてしまうかも知れません。

米国時間帯にレンジブレイクを期待する

これもよくあるケースであります。NY市場が始まれば、為替が円安方向に進んで、原油価格も上昇して、結果的に指数先物の価格も影響されることになり、上昇して行くのだと考えるのです。

ある程度の期間において、保ち合い相場が続いた場合は、レンジブレイクに対しての期待値が膨らみます。しかし、そう簡単には上抜けしないのが現状なのであります。それは、チャートを見ればわかります。

だからといって、下落相場を予想して「売り」を仕掛ければよいのか?というのも安易な考え方になってしまうのでしょう。

結局は、外国人投資家や大口のヘッジファンドたちが動かなければ、価格も動きません。いづれにしても、彼らのタイミング次第なのであります。

そもそもタイミングが日本時間に合わないのである

ニューヨークセッションの時間帯は、夜も更けて眠い時間帯であります。当然のことでありますが、日本の時間帯とは合わないという事です。

しかし、いつになったら価格が変動していくのか?というのは、誰にもわかりません。そして、指数先物以外の為替取引、ダウ平均CFD取引、原油価格などはボラティリティが高くなります。

その分、相場の変動を予測するのが難しくなるという事です。無理にエントリーする必要はありませんので、まずは東京セッションにて、チャートの癖を見極めるトレーニングをすると良いでしょう。