新規建玉を建てるタイミングを逃した場合になぜ損をしたと考えてしまうのか?

nikkei225img-25

マーケットを監視するためにチャートを見ている時、理想の価格にたどり着いたとします。つまり、自分が得意とする位置まで、価格が到来したという事です。

思いがけないチャンスなのでエントリーすれば良いのに、もっと理想の価格に近付くのではないか?という判断で、結局は見逃してしまう。

そして、自分が考えていた方向へ進んでいるのにもかかわらず、ノーポジションの状態であります。なぜだか、とても損をしたような気分に陥ってしまうのです。

そうしているうちに、価格はどんどん離れて行ってしまい結局エントリー出来なかった。ということは、誰でも経験していること事かもしれません。

乗り遅れを追求すると負のスパイラルに陥る

理想の価格を逃した場合は、必ず後悔の余念が残ります。あの時、どうしてエントリー出来なかったのだろうか?もし参加していたら含み益になっていたのに。そう思うかも知れません。

今からでもエントリーしても遅くはない。と考えるようになり、理想の価格とは違ったポジションを持つことになります。しかし、納得のいく価格で建てたわけではないので、自分自身に馴染まないのです。

結局は、中途半端な気持ちで判断したので、決済する時も迷いが生じます。負のスパイラルが完成です。こうなってしまうと、抜け出すことが難しくなってしまいます。

資金は減っていないことを理解する

冷静に考えれば理解できるのですが、マーケットに参加しなかったという事は、資金をまったく減らさなかったという事です。

指数先物で大切なことは、自己資金を減らさない事なのであります。にもかかわらず、後悔してしまうのは、あまりにも儲けたいという欲求が大きすぎるのかもしれません。

それか次回のチャンスまで待てなくて、焦ってばかりいるのでしょう。それは、自分自身が心理的にも未熟であるということを、早期に受け入れなくてはなりません。

次回のチャンスはいつ来るのかわからない

今回のチャンスを逃してしまった場合は、次回のチャンスがいつ来るのかは分かりません。もしかしたら、相当の長い期間を必要とするかも知れません。

果たして自分自身が、それまで待てるかどうかが大切です。基本的にスイングトレードを中心に売買しているのであれば、忍耐力がなければなりません。

しかし、デイトレードを中心に売買している方からすれば、あまりにも時間軸が長すぎて、ジレンマに襲われるかもしれません。

それでも待つ以外に方法はありません。価格というのは、個人投資家が動かしているのではなく、大量の資金と建玉量を保有している外国人投資家が動かしているのであります。

彼らが動かなければ、マーケットも動きません。それがいつになるのかは分かりませんから、辛抱強く待つ必要があるという事です。

すべては欲望からトレードスタイルが崩れてゆく

最初にトレードを始めた頃というのは、勝ち越すことが多いです。なぜなら、あまり欲を持たずに売買していたからです。これがビギナーズラックです。

これだけ勝てるのだから、相場って簡単なものだなと思うかもしれません。ここから勘違いが始まります。もっと儲けたいと思う欲望から、建玉を2倍に増やしたり、損切りしなくても価格はV字回復するから大丈夫など。自分の都合が良い方へ考えてしまうのです。

本来はしっかりと規律を守っていたのにもかかわらず、自らの欲によってトレードスタイルが崩れてい行くことは、よくある出来事であります。

そんな時は、もっと「損失」に関して、寛容的になる必要があるのでしょう。少し心のタイミングをずらして冷静に考えれば、簡単にリセットすることができるという事を、覚えておいた方が良いでしょう。