日経225先物における投資の心理を考えながらチャート診る

最初は、日経225先物取引において、うまく利益を上げる事が出来たにもかかわらず、だんだん継続するに従って、結局は損失になってしまうのはなぜでしょうか?もちろん、個人投資家として、少数ではあるが、毎月の収益を出し続けている人はいます。

しかし、収益を上げ続ける事が出来ていない方がたくさんいるも事実です。日経225先物は、そもそもプロ向きの市場であることを理解しなければなりません。外国人投資家や国内大手ディーラーたちは、相当の訓練と環境を整えながら準備万端でトレードに望んでいるわけです。

そのプロ集団の方と、同じ市場でトレードしなければなりません。そこには、熾烈な駆け引きや神妙な仕掛けをしてきます。それは、チャートを見れば一目瞭然です。はっきりいって手加減など一切しません。では、外国人投資家と個人投資家では一体何が違うのか?

※ここでは日経225先物取引の場面で特化した意見だけを述べています。外国人投資家のプライベートな面など考慮せずに見解しています。

そもそも個人投資家の思考

・一般常識がある

・モラルを持っている

・良心的な判断を持っている

そもそも外国人投資家の思考

・一般常識など通用しないことを熟知している

・モラルなど持ちあわせる必要など無い

・良心的な呵責は一切捨てる

つまり日経225先物に参加する場合、一切の常識が通じないということです。そこには、モラルも存在しません。これは決して過言ではなく個人投資家のほとんどの方が、損失を出している事を考えれば一目瞭然です。

社会的地位のある方や一般常識を持ち合わせている方、長い間、社会とコミュニケーションを図り精通している経験があればあるほど、日経225先物取引ではその経験こそが邪魔をします。そうなんです。日経225先物市場というのは、常識など一切通用しない世界なんです。

・損失を出してしまう = 常識

・利益を出し続ける  = 非常識

社会の常識や良心的な心を投資に反映させていたのでは、一向に収益を改善されない事を理解するべきなんです。外国人投資家たちは、われわれ個人投資家の利益を、根こそぎ奪ってやろうと必死なのです。

そのために、何度もチャートで仕掛けてきます。本来、この仕掛けに付き合ってはいけないのですが、どうしても教科書通りの投資方法が、頭の中にインプットされている方というのは、それが行動として現れてしまいます。

・寄り付きにエントリーするのは個人投資家だけ

・無理なオーバーナイトするのは個人投資家だけ

・底値で売るのは個人投資家だけ

・高値で買うのは個人投資家だけ

・常識、モラル、良心を投資に反映させようとするのは個人投資家だけ

よろしいでしょうか?ゴールドマン・サックス証券、クレディ・スイス証券など大手の一流ディーラーたちが、あなたと同じ土俵に立って、日経225先物の取引をしていることを忘れてはいけません。