始値からの寄付きエントリーは避けた方が良い

日経225先物に関しては基本的に、寄付きエントリーは避けた方が良いでしょう。それは何故かというと、たまに寄付きから全く下がらず(上がらず)に引けにかけて天井になった。

というようなケースがあります。ローソク足でみると大陽線(大陰線)です。確かに大陽線(大陰線)であることを予測して、寄付きからエントリーして全く下がらず(上がらず)に含み益を確保できていたらどんなに気持ちの良い事でしょうか?

寄付きに「安値で買って高値で売る」もしくは「高値で売って安値で買い戻す」。これが出来れば丸儲けということになり、とても最高の気分を味わえるでしょう。

しかも寄付きの時間帯はとてもエントリーしたくなる状況なのです。ナイトセッションが終わり、いよいよ当日の朝を迎えてそれなりの準備と心構えをもって相場に取り組むので、勢いがあるのです。

しかし実際はエントリーするとそう簡単にはいきませんよね?相場が終わって1日のチャートを見ると「寄り付き天井」だったという事は、あくまで結果論なのです。

寄付きから引けにかけて天井だったというのは、稀にあるからこそインパクトな出来事なんです。この寄り付き天井のチャートが強く印象に残ります。そうすると頭の中でどのようなことが起こるのか?

「そういえば、前回は寄付きから引けにかけて天井のケースがあったなぁ」。そうすると、「今回は寄付きからエントリーすれば引けピンが狙えるかもしれない。よし今回は寄付きからエントリーして引けピンを狙って行こう!」と考えるようになります。

そして寄付きからエントリーする人が大勢増えます。この寄付きからエントリーした大勢の建玉を誰が狙っているのか?外国人投資家や大手ヘッジファンドのディーラーたちです。

虎視眈々と、目を光らせて待っているわけですね。だいたい寄付き時こそ、明確な指標となるものが何もない状態ですので、寄付きエントリー後は路頭に迷い損失に向かう可能性が高いです。なぜそんなに焦っているのでしょうか?(もっとズッシリと構えて!)

寄付きは、外国人投資家や大手ディーラーに狙われやすい時間帯でもあります。思いもよらずエントリーしてしまうと、逆の方向に行き痛い目にあうケースがほとんどです。

引けピンは稀にしか起こらない為、結果的に寄付きエントリーしても利益も確保できない事がほとんどです。これが寄付きエントリーの大きな落とし穴なのです。損失を膨らませる原因にもつながります。

寄付きにエントリーして、プラス圏内に位置するなら良いのですが、マイナス圏内にポジションがあって、結局損切り出来ずに大きな損失を抱えてしまうケースは良くあります。

では、どうすれば良いのか?
・寄付きエントリーというものは、指標も何もなくただの博打となってしましますので、エントリーはしません。

次のチャンスがくるまで待ったり、自分が得意の場面が来たらエントリーすれば良いのです。
難しい場面で、無理をする必要はないのです。

寄付きエントリー → ポジションが含み損 → 損切り不可能→ ポジションがさらに大含み損 → 損失を取り戻そうと焦る→ さらに損失→損切りした瞬間から元に戻っている。

負のスパイラスの完成です。この最悪の状態に陥らないため、エントリーを避けます。

相場のポジションは

・買うか
・売るか
・見送るか

この3つです。

寄付きは避けて、あえて何もしなくてもいいじゃないですか。少し時間を置いてから、エントリーするのが一番効率が上がります。これだけでも、毎月の損失が回避できるのです。